ITは年収安いはもう昔

年末も近づき、社会人、学生問わずに忙しくなってくる時期かと思います。特に学生は就活、卒論でバタバタしている頃じゃ
ないでしょうか。そこでちょっと今更な調べ物をしてみました。いわゆる年収、というヤツですね。近年求人の増しているIT系や
医療系で、IT系の方を調べてみたんですけど・・・これがまあ半端ない。一昔前のIT系は年収が低い、というのはもはや
遠い昔の話のようです。
というのも、ざっと調べてみて私と同世代の年収が平均して650万から800万円。ちなみに30代後半ですね。日本のサラリーマンの
平均年収が400万円程度という事実から考えますと、斜め上を行く状況です。20代後半でも600から700万円前後、企業に
よっては大卒の初任給ですでに年収500万という所もあるようです。その他福利厚生が半端なく充実している所もありますし、
これだけでもIT業界ってのがかなり羽振りがいいことが伺えます。

とはいえ、これは大手の数字ですから、実際にはこれよりはるかに下、という所もそう少なくはないと思います。事実、私の
同級生のSEなんかは私の1.2から1.3倍程度ですから、そこまで極端な開きがあるってわけでもないんですよね。多分、大手と
そうでないトコ、それと都市部と地方の格差ってとこでしょうけど。
しかしだからといっておいそれと転職できる世界じゃないですからね…恨むなら学生の頃に道を間違えた自分を恨むべき
なんでしょうねorz
しっかしとんでもねぇなぁ・・・その分激務だったりするんでしょうかね?やっぱり。年収を取るか、落ち着きを取るか…それが
問題だ(笑)
※IT業界の年収の推移について話しましたが、正社員とフリーランスの年収の違いもかなり大きいことがわかりました。IT業界の代表的な仕事といえば、エンジニアですが、フリーエンジニア(フリーランスのプログラマー)と正社員エンジニアだと、2~3倍年収が違います。同じ仕事内容で、です。
フリーエンジニアの年収はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です