仕事のやりがいは大切

IT企業で働くのはとても大変です。「きつい、給料が安い、帰れない、規則が厳しい、休暇が取れない、化粧が乗らない、結婚できない」と言われるような業界ですから、全部が全部本当のことではないにしても、納期前には帰れなかったりもします。会社が休日と定めている日も仕事が終わっていなければ出社して仕事を終わらせなければなりませんし、その時間の手当ては出るとも限りません。ですが、その分給料は一般的なサラリーマンより高いと思います。平成24年度のサラリーマンの平均年収は408万円で、ITのエンジニアは474万円となっています。細かい職種ごとに終えばまた数字は変わってきますが、働く量もサラリーマンよりは多いので給料も多くなるのは必然かと思います。20代から40代までは平均年収はサラリーマンよりは上回っていますが、50代だけは下回るようです。年功序列であるので年齢を重ねれば年収も上がっていく他の分野と違い、IT企業は自分の能力で給料も決まってくるので、チャレンジ精神旺盛な人にとってはやりがいがあっていいと思います。また、休みも体感的に少ないと思っているエンジニアは多いですが、仕事を続けていけているのはやはり仕事にやりがいもあり、充実しているからだと思います。自分のスキルで商品を制作するということに対しての魅力を感じていなければ、特にエンジニアは出来ません。ですので、少ないはずの休みもITスキルを高めるための勉強にあてる人も少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です